いえじま小麦とは いえじま小麦とは

復活を果たした伊江島の小麦 復活を果たした伊江島の小麦

伊江島と小麦の歴史

温暖な気候と豊かな土壌に恵まれた伊江島は、琉球王朝時代、小麦の一大生産地だったと伝えられています。しかし戦後、サトウキビをはじめとする転作への推奨がなされたことを機に、伊江島での小麦生産は衰退していきました。 「このままでは島人の食を支え続けた小麦がなくなってしまう」 「伊江島の小麦作りを守りたい」 そんな状況に危機感を持った農家らが想いを寄せ、小麦生産拡充に乗り出したことで伊江島の小麦栽培は復活を果たしました。

伊江島と小麦の歴史

伊江島在来の品種「江島神力」

伊江島では現在、九州由来の「ニシノカオリ」と、島の在来品種「江島神力(えじまじんりき)」という2種類の小麦が栽培されています。 なかでも「江島神力」は、生産農家が少なく希少です。しかし、土壌作りから熱心に丁寧に、小麦農家が丹精をこめて育てた「江島神力」は、類稀な高い香りを特徴とし、さらに全粒粉にした際の個性的な香ばしさと粗さから、地元沖縄だけではなく、全国の料理人やパティシエからも高い評価と関心を寄せられています。

伊江島在来の品種「江島神力」